好きなフリする『脈ナシ男性』の心理とは

好きなフリする『脈ナシ男性』の心理とは

絶賛片想い中の女性の中には、自分に対して全く興味を示さない男性に対しても、一方的に片想いをしている人もいます。
それには、恋をしている自分が好きだったり、憧れの存在がいることで前向きな気持ちになれるから、などさまざまな理由があるでしょう。

その一方で、両想いになりたいのに、相手が脈アリなのか脈ナシなのかが分からずついつい相手に振り回されてしまう女性もいます。それは『脈ナシのくせして、曖昧な態度であなたの好意を交わし続ける男性』が一定数いるからに違いありません。
あえてキープしているのか、無意識にそうしているのかは人それぞれですが、どちらにせよそういう男性のせいで貴重な時間を奪われるのは嫌ですよね。

そこで今回は、脈ナシ男性の心理と見分け方について解説していきます。

 

好きなフリをするのが上手な『脈ナシ男性』

男性Aのパターン。まずはこちらのLINEをご覧ください。

この文章を読んで皆さんはどういう印象を受けたでしょうか?
こちらの男性Aさんですが、熱心な長文のLINEを送ってきていますよね。文の最後には『会えたら嬉しい』とも。さらにこのAさん、返信がないのにもかかわらず、追撃LINEまで送ってきました。
『平日で時間作れそうな時』とより具体的な提案をしていますね。
いかがでしょう?少なからずこのAさんからは好意と、デートをしたがっているという気持ちを感じませんか?


しかしこのAさん、驚くべきことにこのあとのLINEでいくらこちらが乗り気な返信をしても、さらりさらりと交わして絶対に会う約束ができないのです。

さらに別日には…。

いかがでしょうか?好意があるのかな、デートに誘ってくれてるのかな?と思わせるような素振りをして、言葉巧みに交わすのが上手なこの男性。しかし会う気がないと判断して返信せずにいると、また追撃LINEが来るのです。困ったものですね。

続いて男性Bのパターン

物腰柔らかで穏やかな一方、芯があり男らしくリードしてくれる彼には、付き合って3度目のデートで告白されました。
しかし、徐々にLINEで体調が悪い、仕事が忙しいと漏らすように。

そしてついに…

こちらのLINEを最後に音信不通になりました。
予定を聞いたくせにフェードアウトする、というのは脈ナシ男性のもはやお決まりのパターンですね。

 

好きなフリする男性心理とは

興味のない男性は完全にスルーする傾向のある女性と違い、男性の中には一定数好きなフリをする脈ナシ男が存在しています。
女性からすると理解し難いですが、一体何を考えているのでしょう。先述の男性AとBのパターンで解説していきます。

 

1、好意はあるが、会うほどではない

これが男性Aです。スマホを見たら、女性からLINEが来ているのは嬉しい。好かれていると安心して自分のプライドが保てる。
そんな理由で彼は女性からのLINEには返信をするのです。しかし女性が会いたがったりすれば、それはもう面倒臭い。何故なら会いたいほど好きなわけではないから。
いざデートの話題が出ると、あれこれ言い訳を考えたり、話題を変えたりしてなんとか逃げおおせます。女性をLINE要員としてキープしている状態ですね。

 

2、好意もなくなり、フェードアウトしたい

自分から告白した手前、振るのは気が引ける。別れ話は面倒だ。そんな男性Bが使っていたのがこのパターン。会いたいと言いつつ、仕事の忙しさや体調の悪さをアピールし、徐々に連絡頻度を減らしていきます。
そして最後は予定を聞いたまま、フェードアウト。こちらが返信しなくても、追撃してくることはありません。自分から別れるけど、絶対に悪者になりたくない男性心理、なんともずる賢いですね。

 

脈ナシ男性を見分けて、真実の愛を見つけよう

本気でないのにズルズルと関係を続けたり、別れを先延ばしにする男性にかまけていては、時間の無駄です。
こういった男性に共通するのは、『絶対にデートの日時を指定しないこと』です。
仕事が落ち着いたら会おう、体調が良くなったら会おう、来週あたり会おう、会いたい、だけの男性は現段階では100%会う気がありません。
具体的な日付の提案をしてきて初めて、本気で会う気がある、脈アリかもしれない、と思うことができるでしょう。

来週会えるかもしれないから、予定を空けておいたのに、結局会えずに時間を無駄にした。そんなトラブルを避ける為にも、日時を指定しない男性に期待をするのはやめましょう。曖昧な態度を取らない本当に誠実な男性と出会えたとき、真実の愛が芽生えるのかもしれませんね。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:04月13日~04月20日

恋愛PRESSライター一覧