孤独との付き合い方が恋愛を左右する(前編)

クリスマスイルミネーションが綺麗だったり、

お正月飾りが華やかだったり、

ワイワイと人が楽しそうにしている姿を見ると、

自分も何だかワクワクしたりします。

その反面、自分の中の孤独を妙に感じたりすることもあります。

あなたは、どうですか?

別にクリスマスイルミネーションもお正月も時期だからあることで、

時が過ぎれば終わります。どうってことないといえばどうってことないのです。

なのに、穏やかでいられない。心揺さぶられる。

実は、この孤独との付き合い方が上手い人は、素敵な恋愛ができるのです。
そもそも孤独自体は、悪いことではありません。

淋しい…。と感じることも悪いことではありません。
淋しさを知っていることで人に優しくなれる。

誰にでも“喜怒哀楽”全ての感情が備わっています。

喜びだけしかない人もいないし、怒りだけしかない人もいない。

全員に全ての感情が備わっているので、

出来事をどのように受け取るかで湧いてくる感情が変わってくるだけなのです。



だから、孤独感も感じたことが無い人もいない。

何かしら感じたことがあって当たり前です。

ただ、それが軽いものなのか?重いものなのか?

回数が多いか・少ないかは、個人で差があるでしょう。

あなたも経験あると思いますが、孤独を感じるシーンも様々です。

体調を崩した時、暗い部屋に帰った時、

職場や学校で人の輪に入れなかった時、

友達が他の友達とひそひそ話をしているのを

目撃した時など色々なシーンで孤独を感じます。

これらの孤独を感じるシーンは、“繋がりたいという感情”が原因と、はっきりしています。

クリスマスイルミネーションやお正月飾りそのものは、

人と繋がるための道具ではありませんが、

クリスマスやお正月というイベントが人と繋がる機会でなので、

クリスマスイルミネーションやお正月飾りを見たことで、

クリスマスやお正月といったイベントを思い出し、孤独を感じるのです。





では、クリスマスやお正月というイベントのどこに孤独を感じるのでしょうか?

1.過去の記憶を思い出す
2.楽しい気持ちになれない
3.無意識に他人と比較している
4.常日頃からひとりでいることが多い

他にも色々あるでしょうが、主にこの4つだと思います。その理由を詳しく解説します。

1.過去の記憶を思い出す

 

クリスマスやお正月にまつわる思い出にトラウマ的な辛い苦しい思い出があって、クリスマスイルミネーションやお正月飾りを見ると、その思い出がフラッシュバックしてくる。

クリスマスイルミネーションもお正月飾りも辛い思い出を思い出すきっかけにしかならない。楽しむことなんてできない。

そんな時に“もう傷つきたくない”と、自分の世界に閉じこもり孤独を感じるのです。

過去の出来事を変えることはできませんが、意味づけを変えることはできます。
その出来事の辛い部分だけにフォーカスしているから辛いのです。その出来事から学んだことは、ありませんか?その出来事によって、あなたが成長したことはありませんか?

起こることは、“偶然ではなく必然”とよくいわれます。
その出来事の前には前兆があり、その結果、その出来事が起こる。
その出来事から学ぶことがあるからあなたに起こっている。

さて、それは何でしょうか?
その出来事から学んだことは、ありませんか?
その出来事によって、あなたが成長したことはありませんか?

このことに気付くことができれば、出来事の意味づけが変わり、辛い思い出だけではなくなります。



 

2.楽しい気持ちになれない

 

何事もネガティブに捉えがちで素直になれない思考を持っていると楽しい気持ちになれないです。
危険を回避する為に人はネガティブに考える生き物です。だから、意識的に良いところを探していくことをしないと人生そのものが楽しくなくなります。

ネガティブな考えが悪いわけではありません。
ポジティブな考えは、変化や冒険がつきもの。それに対してネガティブな考えは、現状が良くなくても現状維持と結果がわかっているから安心感がある。つまり、楽しさより安心感を選択しているのです。

クリスマスイルミネーションやお正月飾りにワクワクするのを止めて、地に足をつけた安心感を選んでいるのです。

「恋人がいないからクリスマスは、つまらない。」と、思いながらも恋人ができたら失恋するかもしれないから怖いとか、「パーティーに誘われなかったから、クリポッチだからつまらない。」と、思っても自分から声をかけて断られたら傷つくからやめておく。

行動しない方を選択して、生活に刺激が無いから楽しい気持ちになれない。

行動を変えるのは大変です。勇気が必要です。行動を変えなくても考え方を変えてみると、見える景色も変わってきます。

「恋人がいなくてもイルミネーションは、綺麗。」とか、「クリポッチにはクリポッチの楽しみ方がある。」と、クリポッチの楽しみ方を考えてみるとか、考え方を変えるだけでも楽しくなってくると思います。

後編に続く

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:02月19日~02月26日

恋愛PRESSライター一覧