尽くす女が愛されない本当の理由とは?

尽くす女が愛されない本当の理由とは?

 

あなたがもしも男性に尽くしがちであるのなら、最悪の場合は別れにつながるかもしれません。と言うのも、尽くす女性というものは愛されない…一般的にはそのように言われているのです。ぜひ、男性との接し方を改めて、尽くさないことを意識してみましょう。

 

「別れを告げられない」と思われたら、愛されなくなる

 

女性だって彼氏から別れを告げられないことを確信したら、安心することができますよね。それと同じように「この彼女は絶対に別れを告げてこない」と彼氏に確信されたら、相手に安心感を与えつ事はできるのですが、残念ながらそれと同時に愛情は薄れていってしまいます。

 

別れの不安があるからこそ、男性は女性を愛する?

 

男性にとって「別れを告げられるかも」という小さな不安は、実は彼女への愛情への原動力にもなります。別れを切り出されるのは辛いものです。そのため無意識的に他の男性よりも優位に立とうとして、あなたに強い愛情を注ぐことになるのです。反対に「絶対に彼女は俺から離れない」と思ったら男性は安心してしまいます。そして、その安心という気持ちが悪い方向へ進むと、愛情が薄れてしまうものなのです。例えば、尽くしてしまったがために、彼氏が安心してしまい「都合のいい女」「キープ状態の女」になってしまうことは多々あるのです。

 

「結婚後に旦那は冷たくなりがち」がいい例

 

「カップル時代は溺愛されていたのに、結婚後は冷たい態度をとられる」と悩んでいる人は多いですよね。これこそ「結婚したからもう別れられることはない」と旦那に思われたからこそ、安心と共に愛情が薄れてしまった可能性が高いのです。

 

・結婚前→別れを告げられる恐れがある→そうならないために愛情を注ぐ(溺愛する)
・結婚後→絶対に別れることはない→安心するため愛情は薄れがち

 

ということですね。もし、まだ結婚せずにカップル関係を続けていたら、男性側は別れる不安を感じて、溺愛し続けた可能性が高いのです。

 

男性に尽くす=「別れを告げられない」と安心させる

 

結婚前の段階でも、「絶対に別れを告げられることはない」と男性が確信したら、愛情は薄れてしまう事になりかねません。ちなみに、尽くされるという行為によって「相手から別れを告げられる事はない」と男性は思います。実は尽くすという行為は、男性にとって結婚疑似体験のようなもの。

 

・彼氏のために、毎日のように食事を作ってあげる
・毎週末のように彼氏の家に行って、掃除をしてあげる
・彼氏が誘ってきたら、どれだけ忙しくても応じる

 

など、いわゆる尽くす行為をすると、男性は「彼女は俺から離れないだろう」と安心します。そして、そんな安心感が当たり前という感情に変わり、愛情の薄れへとつながってしまうのです。

 

まとめ

 

「絶対に彼女から別れを告げられない」と思ったら、男性側は安心してしまいます。結果として、愛情は薄れてしまいがちなので「尽くす女=愛されない」と考えることもできるのです。

まさに、「絶対に彼女から別れを告げられることはない」と男性に思われることが、尽くす女が愛されない理由なわけですね。これから彼氏の愛情を取り戻したいのであれば、いい意味で尽くさないことが大切になってきます。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:09月21日~09月28日

恋愛PRESSライター一覧