彼氏とケンカしても謝り方次第で今まで以上の関係になれる?

彼氏とケンカしても謝り方次第で今まで以上の関係になれる?

彼氏とのケンカ。できるなら避けたいですよね。なぜならケンカしてそのまま別れに繋がってしまうこともあります。ケンカして別れてしまうなんて、そんな辛いことはありません。またケンカした後、仲直りするのも結構大変です。でもお互い人間同士。どんなに仲良しカップルでも、時には感情的になってケンカになってしまうこともあります。

 

ケンカしないカップルはそれで良いのですが、例えケンカしてしまっても実はそのケンカは二人の絆を深めるために大切な役割を果たすこともあるのです。ケンカはお互いに辛いもの。そんな辛さを味わいながら自分自身を知るきっかけになったり、相手のことをもっと深く知るきっかけになったり。

 

今回は彼氏とケンカしてしまったとしても、今まで以上に絆を深める方法について解説していきます。ケンカでお互いに成長できるのならそれは素晴らしいことだと思いませんか?

 

ケンカは必要というけれど、それはなぜ?

 

ケンカするほど仲がいいなどと言われますが、できればケンカなんてしたくありませんよね。でも、ケンカは必要だとも言われます。なぜケンカなどが必要なのでしょうか?

 

ケンカでしか見えないお互いの本性を知る

 

付き合って間もない頃のことを思い起こしてみましょう。相手の意見がちょっと自分とは違っていても「そうだね!」などと、相手の意見に同意していたのではないでしょうか?ケンカができるということは付き合ってある程度の時間が経ち、お互いに力が抜けて自分の意見が言えるようになったり、お互いに遠慮しなくなってこないと実際にケンカになることはないでしょう。ケンカになるということはお互いに本性が見えてきた証拠。本音で付き合わないとケンカになることはありません。

 

ケンカでお互いの価値観や考えが見える

 

どこでケンカになったのか、何が原因でケンカになったのか?ケンカはお互いの価値観を知ることができる、そのきっかけになります。本当の価値観を知らないで付き合っているよりも、お互いの価値観を知ることができたという意味で、ケンカは必要な要素だということもできます。

 

ケンカによって初めてお互いの関係について深く考えるきっかけになる

 

ケンカは苦しいものです。しかしケンカによってお互いの関係について深く考えるきっかけになるのは間違いありません。もうこの先一緒にいるのは辛いかな?ここで乗り越えられれば私たちの関係は本物など、苦しい中でも色々と考えることになります。

 

ケンカの後の謝り方について

 

ケンカした後の気まずい気持ちは幾つになっても変わりません。謝る気持ちがあってもその謝り方を間違えるとさらに状況は難しい方向に。うまく謝る方法とは?

 

まずお互いにはクールダウン

 

ケンカ直後はお互いに興奮していて、物事を冷静に考えることはできません。例えあなたが冷静になれたとしても相手はまだ、ということがあります。早く仲直りしたい気持ちもあるでしょうが、そこはじっと我慢。1〜2日は時間をとってお互いにクールダウンしましょう。

 

相手を責めず自分から謝る

 

もはやケンカの原因はどちらかわからないのではないでしょうか?相手を責めることなく、プライドも捨てて「ごめんなさい」と一言謝りましょう。

 

まとめ

 

ケンカの後に謝るのもなんとも言えない気持ちですよね。しかしケンカはお互いをよく知るために時には必要なこと。次からは同じことでケンカにならないよう、相手が好きでないことや言われたくないことを言わないようにしましょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:09月30日~10月07日

恋愛PRESSライター一覧