一度で見極め?初デートで分かるタイプ別男性心理

一度で見極め?初デートで分かるタイプ別男性心理

結婚したい、一生涯共に過ごすパートナーを見つけたいと思う女性にとって、一回一回のデートは重要そのものですよね。
せっかく貴重な時間を使ってデートに臨んでも、なんとなく上辺の話だけして終わってしまい、相手のパーソナルな部分を掴めず、また会いたいかどうかすら分からないという女性も多いはず。かといって初対面であまり踏み込んだ話をするのも相手に失礼で気が引けてしまいますよね。
でも大丈夫。実は男性の些細な言葉や行動から、その男性がどういうタイプなのか、またはあなたに対してどれくらい真剣なのか、ある程度見分けることが可能なのです。
無意識な言動から垣間見える男性心理を分析し、また会いたいか、会うに値する男性なのか判断してみましょう。

 

男性は『遊び目的』でも誘ってくる

一般的に女性は男性に対して好意があったり、真剣に交際したいと考えているからデートに臨みますよね。なので初デートで男性に対して好印象を抱かなければ、また会いたいとは思わないはずです。
しかし男性の場合、初めて会った女性を好きと思えなくても、とりあえずまた会っておくかと『キープ』したり、身体の関係だけなら、と文字通り『遊び目的』でデートに誘ってくる可能性が大いにあります。男性から何度もデートに誘われても、決して真剣とは限らないということを頭に入れておきましょう。

 

デートの待ち合わせ場所や時間に注意!

ではどのような男性が『遊び目的』の可能性があるのでしょうか。目安の一つとなるのが待ち合わせの時間です。社会人同士であれば予定を合わせるのも大変ですが、初めて会うのに夜の22時以降など遅い時間を提案してくる男性には要注意。終電を逃すように仕向けてホテルに泊まろうと提案してくることも。また、よくあるのが男性からの『車で迎えに行きましょうか?』という提案。よく知りもしない相手の車に乗るのもリスキーですが、親切のつもりでも『女性は知らない男性の車に乗るのは怖いだろう』という気遣いさえ出来ない男性は、無神経で自分勝手な可能性が高いのです。

 

決めてくれる男性と合わせてくれる男性

いざデートの待ち合わせやお店を決める際、男性は大きく分けて2パターンに分かれます。
まずは女性の都合の良い日やエリアを聞いたのち、店を調べて提案してくれる男性です。
一見男らしくリードしてくれる素敵な男性だと感じるかもしれませんが、良くも悪くも自分の拘りや世界観を持っている可能性が高いです。
その拘りをあなたが許容できれば問題ありませんが、融通が効かないと感じてしまうことも。

また、あなたの都合の良い場所で会いましょうといい、全てを合わせてくれようとする男性もいます。こちらの希望を聞いてくれ、紳士的で優しいイメージがありますが、拘りがないということは他人にあまり興味がない場合があります。こういう男性は一般的に受動的なので、本当に自分のことを好きなのか不安になることも多いです。自分にとってどのような男性が合うのか、今一度考えてみてくださいね。

 

⭐︎ワンポイントアドバイス

積極的に誘ってはくるものも、いざ日程調整の話になると途端にスピード感がなくなる。こちらは歩み寄っているのに、予定を合わせる意欲を感じられないなどの男性は、あなたをいわゆる『キープ』している可能性が高いです。
会いたいアピールだけで、具体的な日程を決める気がない男性には注意しましょう。

 

初デートではここを見よ!

いよいよドキドキの待ち合わせです。まず最初の関門は、時間通りに待ち合わせ場所に来るか否かです。時間にルーズな男性はお金や女性関係にもルーズであると考えられます。
また、初対面で話題と関係なく容姿を何度も褒める男性は『身体目的』である可能性もあるのでより慎重になるべきです。

さらに相手にプランを任せた場合、お店選びで相手の心理をある程度読み解くことができます。
男性の中には美味しいのにリーズナブル、つまりは『穴場』のようなお店を知っている自分をアピールしたい人が一定数います。
確かに良いお店をたくさん知っている、というのはアドバンテージかもしれません。しかし駅から遠い、味は美味しいが賑やかでデートには不向き、など女性目線から見て残念に思えるデートプランを立てしまう男性は、まさに自己満男性。お付き合いしても女性を喜ばせることよりも、自分がやりたいことを最優先にするタイプかもしれません。良かれと思ってやっている分、タチが悪いのかもしれませんね。

 

重要なのは自分に合うか合わないか

いかがでしたか。肝心なのは男性の魅力そのものよりも、自分にとって最適な男性か否かです。
男性の一見短所に見える部分も、自分に合えば長所になり得るかもしれません。
また、初対面の男性に自分の気持ちを察してもらおうとするのは難しいもの。しっかり自分の意見や希望は伝えて、相手に求めすぎないように気をつけましょう。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:02月19日~02月26日

恋愛PRESSライター一覧