タロット占いはなぜ当たるのか?あなたの知らないタロットの世界

タロット占いはなぜ当たるのか?あなたの知らないタロットの世界

タロットの世界

タロット占いは、78枚のタロットカードを使い「現在・過去・未来」を見る事ができる占いの一種です。
大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードで構成されています。
印象的な独特の絵柄が描かれており、ある問いに対しての答えを、カードに描かれた絵柄から読み取る事で占います。

一般的には、3ヵ月から半年先位までの比較的短期間を見る事ができ、長期的な事を見るには向かないとされています。

 

 

潜在意識に働きかける占い

タロット占いは、自分の心の奥にある潜在意識に働きかける事で、答えを導き出します。
潜在意識は、前世と来世に繋がっていると考えられており、その潜在意識に働きかけ、カードを通して可視化する事で様々な事を占う事が出来るとされています。

抱えている悩みに対し、答えはすでに自分の潜在意識の中にあるが、本人はそれに気が付かない状態です。
ですから、タロットカードを通して「見える化」する事で認識し、潜在意識に気が付く事ができるのです。

 

 

相手の気持ちがよく当たるのはどうしてか?

タロットには、「全ての人の意識は潜在意識よりも更に深い場所で繋がっている」とされており、これを「集合的無意識」と呼んでいます。
集合的無意識の中では、別々に生きている人々も、共通の意識の中では繋がっていると言う解釈です。
人々は共通観念で繋がっていて、潜在意識下では
「自分の本当の気持ちを知っている」
「前世や来世を知っているので、どんな結末かをすでに知っている」
「知る筈もない他人の気持ちを実はすでに知っている」
と言えます。

また、シンクロニシティもタロット占いに関係しています。
シンクロニシティとは、意味のある偶然の一致の事であり、人は同じ意識に反応し、共鳴し合うので同じ波動同士が引き寄せ合う事を言います。
タロットカードを引くと、その人と同じ波動のカードが選ばれます。
偶然引いたカードではなく、潜在意識によって必然的に導かれたカードなのでタロット占いが当たるのは当然とも言えます。

 

 

まとめ

タロット占いは、占う内容を具体的に示す事でより、当たる確率が上がる占いです。
よく当たるからと言って、何でも占い任せにするのはどうかと思いますが、カードが示したアドバイスから自分で考え、決断し行動する事で、今よりより良い人生を生きる事が出来ると思います。

「タロット占いなんて・・・」と言う人も、あなたの潜在意識の力を侮らないで一度占ってみては?
タロット占いは、あなたの抱えるお悩みを解消してくれるかもしれません。

ライタープロフィール
hinata
hinata
大きい息子2人と3人暮らし。
逆境多目の人生を楽しみながら生きる40代。
小学生の頃からタロットを始めました。
ライター、和紙の花クリエイター、古民家レンタルスペース企画運営。
いろんな事をやりながら、料理ブログやエッセイを書いています。
「ま、いいか」と「大丈夫」を自分の言葉として、日常を生きる日々。
占いは、石井ゆかりさんとジョナサンケイナーさんが好きです。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月11日~12月18日

恋愛PRESSライター一覧