残念すぎる… 運の悪い人が必ずやっている「幸運を逃す3つの行動」

残念すぎる… 運の悪い人が必ずやっている「幸運を逃す3つの行動」

あなたの周りに「私って運がないんだよね~」が、口癖の人はいませんか?
こんな人は、自分で自分の運を悪くしている事に気が付いていない事が多いので、いつまでも運を良くする事ができません。

無意識の内にやっている行動の中には、結果、運が悪くなる行動があります。
負のスパイラルは、行動や言動を変えなければ断ち切ることはできません。
幸運を逃しがちな行動にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

全てに対してマイナス面しか見ない

人に対しても、起きた出来事に対してもマイナス面しか見ない人がいます。
マイナス面重視の人にはこんな特徴があります。

  • 1・人の悪口がストレス発散になっている
  • 2・人の悪い面が気になって仕方ない
  • 3・すぐ人のせいにする
  • 4・自分が得する事しか考えない
  • 5・自分は運が悪いと思っている
  • 6・ネガティブな発想をよくしている

マイナス面しか見ない人は、良い面を見ようという発想がありません。
人に対しても、起きる出来事に対しても、マイナス面しか見ないという行動は運気を下げます。
得する事も良い事も何もないのがこんな行動です。

反対に、良い面を探す事ができる人は、他人に対して感謝の気持ちがあり、精神的に安定しています。
精神的に落ち着いていれば集中力もあり、何事にも前向きに取り組む事ができます。

 

 

すぐに結果が出ないとあきらめる

結果がすぐに出ないと嫌な人がいます。
短期間で結果が出ないと不満で、継続して努力する事をしません。

悪い事が起きた時に「今回はこういう結果だったけど、良い経験だったな。」と思えば同じ様な失敗はしないでしょうが、「やっぱり運が悪いんだ」と短絡的に判断してしまう人は幸運を逃してしまいます。
結果がすぐに出なくても「この先にはきっと素晴らしい事がある!」と考える人は、必要な努力を惜しみません。努力をした分は、必ず自分に返ってくるので大きな幸運をつかむ事ができます。

 

 

自分最優先で他人の事を考えない

運が悪い人は自分にしか関心がありません。
自分が得をする事が大事であって、周囲の人も一緒に幸せになれたらいいな、という考えがありません。
こんな行動をしていると、自分を助けてくれる人がいなくなり、運も悪くなります。

運が良い人は、自分の力だけでなく周囲の人の力も借りて成功しています。
「運が良かったのは自分ひとりの力ではない」という事を良く知っている人は、自分も他人も一緒に喜べる様に物事を考え、行動します。
「自分の事だけを考えていては誰も幸せになれない」という事を知っている人は、人に対しても自分に対しても寛容なので、良い運や縁が訪れる機会が多いのです。

 

 

まとめ

自分で「運が悪い」と暗示をかけている人って結構多いみたいです。
毎日そう思っていれば、潜在意識は影響を受けて、運が悪くなる行動しかしなくなります。
自分で幸運を捕まえる方法は意外に簡単で、人や物事に対してプラス面を見る事を心がける、目標に向かってあきらめずに努力する、ネガティブ思考を止めるなどの前向きな行動を習慣にすれば自然に運は良くなります。

今日を明るく生きれば、明日も明るい日がやってきます。
そうして毎日を積み重ねていけば、未来はきっと明るいと思いませんか?
できる事から始めて、幸運をキャッチしたいですね!

ライタープロフィール
hinata
hinata
大きい息子2人と3人暮らし。
逆境多目の人生を楽しみながら生きる40代。
小学生の頃からタロットを始めました。
ライター、和紙の花クリエイター、古民家レンタルスペース企画運営。
いろんな事をやりながら、料理ブログやエッセイを書いています。
「ま、いいか」と「大丈夫」を自分の言葉として、日常を生きる日々。
占いは、石井ゆかりさんとジョナサンケイナーさんが好きです。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月07日~12月14日

恋愛PRESSライター一覧